筋肉をつけたい時の食事はダイエットにも大きく影響するの?

人間は1日体重×1(g)のたんぱく質が必要と言われています。例えば60キロの人は60gのたんぱく質ということになります。しかしトレーニングをしている人は体重×1.5~2(g)、つまり90~120gのたんぱく質が必要となります。鳥のささみは100gで約20gのたんぱく質が含まれるので毎日500gのささみを食べる必要があります(もちろんほかの食事でもたんぱく質は摂れるので肉だけでこんなに食べる必要はないですが)。それだけの量をたんぱく質を食事で摂るのはなかなか難しいと思います。
そのようなときにプロテインがあると便利です。プロテインとはたんぱく質という意味で胃に入れやすく粉末にしたものを言います。間食時や筋トレ後にプロテインはお勧めです。なぜ間食時かというと、食事間隔を空けると筋肉を分解してしまうカタボリックという状態になります。鍛えた筋肉をエネルギーとして使ってしまうのはもったいないからです。間食(プロテイン一杯も含む)1~3回は入れたいところなので一日4~6回食事をすることになりますね。カロリーを計算して毎食を食べ過ぎずこまめに食べるというイメージです。
できれば動物性たんぱく質(卵、牛肉、魚など)を摂ることが望ましいですが、たんぱく質が足りていないと感じるときはプロテインを多めに飲みましょう。植物性のたんぱく質については栄養価は物凄いものがありますが、体内に吸収されにくかったデータもあるそうです。なので動物性たんぱく質の肉や魚、卵、牛乳などからとると確実性が高いといえます。あくまでプロテインは補助と考えましょう。
筋トレをしているときは筋繊維が破壊されている状態です。特に3つの大きな筋肉を鍛えるのは大変で回復するのにも時間がかかります。これらの高負荷のトレーニングをした後にしっかりとプロテインを補給して栄養を送ってあげることが重要です。プロテインによって傷ついた筋肉にたんぱく質が吸収され、栄養を補給し筋肉が発達しやすくなります。そしてプロテインはトレーニング終了後30分以内に飲むことが望ましいです。ゴールデンタイムと呼ばれ、効率良く体に吸収することができます。まとめると、ウエイトトレーニングによる筋肉破壊→主にたんぱく質摂取による栄養補給→筋肉に吸収→壊れた筋繊維が以前より強くなって回復→ウエイトトレーニング・・・このサイクルで筋肉は強くなります。
筋トレはトレーニングも大事ですが栄養も大事になってきますので意識して変えていきましょう。

ウォーキングしながら思う事は筋肉とダイエットのこと

運動をしていて、いつも良いと思うのは、タバコの本数が減るという事でしょう。
あれは暇で何もすることがないような時に、吸ってしまうのですが、運動をすれば、その間は吸わずにすみます。

柔道だろうなとか、安い大人の空手教室だよなと思っているのには理由があり、これらに行っておいて、何年かやっていれば、必ず黒帯になれるでしょう。
私は団体スポーツは好きではないので、そういった武術の方が好きでもあります。
それで、結構どこでも募集している柔道、空手のコーチですね。
世間では、こういったコーチを募集している所があり、それらまで慣れた自分を想像したら、あんなぜい肉マンが、スポーツコーチかい、とびっくりな話だと考えていました。

いつも、歩いていて、サンクスまで行くと、必ず何かしら買う癖があります。
この辺は、コンビニが乏しく、そこのサンクスでよく買っています。補足的に接客も悪くはありません。
で、買いにいって、ふと、甘いものは買っていないという事に気が付くのでした。
前は甘いコーヒーをよく買っていました。
やっぱり気持ちが満たされるような感じがしたからですが、今は無糖コーヒーにしています。
缶ではなくて、サンクスオリジナルのものです。

実はコーヒーとタバコは相性が良すぎます。
その時に、無糖コーヒーにしておくと、慣れてきたら差がなくなってきて、満足感も得られるのですよ。
コーヒーとタバコ好きには、本当におすすめです。
何でも糖分のないコーヒーは体に良いと聞きますし。
そこで品切れの場合は、隣のドラッグストアで、安い無糖を買っています。

この辺、甘いただただカロリーの高いものが売られる店がとても増えるようになりました。
糖分を食べろと言っているという事は、単純に糖尿になれと言っているのと変わりはありません。
まあそれに変わらない程度の運動をしていれば、本当に問題はないのだろうなと私は思ったのですけれど。

自宅はスポーツセンターの管理人ですが、別に専門的なものではなくて、ただ場所や、そこの利用者のレクリエーションとしての役割が大きいです。
ちゃんとしたコーチに見てもらった方が良いだろうと、私は帰りながら思いました。

歩きながら、いつもと違う道を行ったり、遠回りをして帰るのも良いものです。
違う景色もそうですが、知らなかった街並みにでくわす事もあります。
それに同じルートは、単なる運動にすぎず、マンネリ化されて、楽しみがありません。ルートを変えるのも良いのです。

大きい筋肉のつけ方をマスターして綺麗な体を手に入れよう

筋トレはビッグ3をやると効率がよく筋肉がつけられます。ビッグ3とは筋トレの種類でベンチプレス、スクワット、デッドリフトのことで王道トレーニングです。人間の体の中の大きい筋肉の胸、脚、腰を主に鍛えるトレーニングです。腕立て伏せのような自重トレーニングもありますが器具を使った方が効果的に鍛えられます。
しかし何十回もできるとなると大きい筋肉を作る筋トレではなく、弱い力を長く続ける筋肉の遅筋が発達します(マラソン選手が多く持つ)。多少は筋肉が大きくなるかもしれませんが、効率はかなり悪くなります。もしくは細くなってしまうことも考えられます。ですので素早く筋肉を大きくするために、ビッグ3が効果的になってきます。
ベンチプレスでは主に大胸筋、上腕三頭筋(二の腕)が鍛えられます。筋肉を大きくする筋トレは筋肥大トレーニングといわれます。例えば、最高50キロの重量を持ち上げられることができるとしましょう(1回)。最高重量の8割の重さの40キロを8回3セット(できれば4セットが望ましいです)をやれば効率よく大きい筋肉を作ることができます。最初は正しいフォームを身に着けてからがいいでしょう。
スクワットは主に大腿四頭筋(太もも前)、ハムストリングス(太もも裏)、大殿筋(お尻)が鍛えることができます。バーベルを担ぎますから正しいフォームでやらないと腰やひざを悪くするので軽い重量からやることをお勧めします。
デッドリフトでは脊柱起立筋(腰)、前腕筋、大腿四頭筋が鍛えられます。デッドリフトは床に置いたバーベルを引き上げる動作で悪いフォームでやると最もケガをしやすい動作なので気を付ける必要があります。スクワットとデッドリフトも同じ回数とセットの組み方でやっていただければ大丈夫です。しかしどの筋トレもフォームが大事になってきますから、軽い重量で回数を多くして動きを体に覚えさせてから重量を上げていくのもいいでしょう。
これらの筋トレをジムで行うと家での筋トレよりはるかに効率的です。重たい重量を扱うと筋肉が損傷しますから、筋トレ後すぐにプロテインで栄養補給することが必要です。それから、同じ筋肉を二日連続で鍛えないことが大事です。ウエイトトレーニング(筋トレ)による筋肉の破壊→主にたんぱく質摂取による栄養補給→筋肉に吸収→壊れた筋繊維が以前より強くなって回復→ウエイトトレーニング・・・このサイクルで筋肉が強くになります。
正しいやり方でしっかり休養をとることが大切です。